後鳥羽院遷幸800年

本年 令和3年(2021年)は、隠岐の文化・歴史にとって大きな記念の年にあたります。
実は、ちょうど800年前の承久3年(1221年)、とある方が隠岐にみえ様々な文化を育まれました。その後、日本海の隠岐という島の営みを超えて日本中、現在では世界中へ拡がる文化として拡がりました。さて、どなたがみえたのでしょうか?



正解は、中学社会科でおなじみ、あの「承久の乱」に登場する後鳥羽上皇(後鳥羽院)が隠岐へご配流となった年なのです。鎌倉幕府の執権・北条義時追討の院宣に端を発する「承久の乱」が起き、その戦いに朝廷方が敗れたことで、後鳥羽上皇は現在の海士町(中ノ島)へお遷りになり、その後崩御されるまでの19年間を過ごされました。海士町にある隠岐神社は、後鳥羽上皇のお祀りの中心で、島では様々な島伝承への親しみもこめて「ごとばんさん」と呼んでいます。

■後鳥羽院顕彰事業実行委員会

■後鳥羽院顕彰事業実行委員会

この記念年を迎えるにあたり、後鳥羽院に由緒を持つ、たくさんの伝承と文化、後鳥羽院も目にされたであろう豊かな自然環境に今一度目を向けたいと考えています。


そこで、後鳥羽院が携わっていらした文化・歴史に学ぶことはもちろん、島の成り立ちや伝統的な暮らし、そして現代起きているさまざまな新しい文化の芽一つ一つも大切な財産として、隠岐内外の皆さまと未来へつなげてゆく「後鳥羽院顕彰事業実行委員会」を昨年設立しました(委員長:海士町長 大江和彦)。

■後鳥羽院顕彰事業実行委員会

■新御番鍛治プロジェクト始動

■新御番鍛治プロジェクト始動

後鳥羽院がこよなく愛された日本刀。
文化・技術を未来へつなぐべく「新御番鍛治プロジェクト」を発足しました。
顕彰事業実行委員会ではそのビジョンに共感しており、共に活動しています。


・関連サイト:
Makuakeプロジェクト
※16(土)17:30~3ヶ月実施期間のみ有効

■今後にむけて

■今後にむけて

コロナ禍により、当初令和3年内に予定していた様々な行事は、来年 令和4年に開催できるよう、鋭意企画準備中です。後鳥羽院や隠岐、島根にゆかりのある6つの文化行事開催のほか、座談会形式/講演形式などのオンライン「島の文化会議」なども予定しています。全国、海外にいらっしゃる多様な皆さまが、ごとばんさんの文化に出会いに隠岐へおみえいただけること、またオンラインでも交流を深める機会をご一緒できることを関係者一同愉しみにしています!

■関連リンク

・後鳥羽院顕彰事業公式ホームページ:
https://www.gotobain-kensyo.com/

・10月16日(土) 後鳥羽院遷幸八百年記念文化祭 イベント概要:
詳細PDF

・10月16日(土) 後鳥羽院遷幸八百年記念文化祭 YouTubeライブ:
https://youtu.be/VmeApq6Yutg

・新御番鍛治プロジェクト 紹介サイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/shingobankaji
※クラウドファンディングは令和3年10月16日(土)夕方よりMakuakeにて正式スタートいたします。

シェアする ツイートする