焼火神社(たくひじんじゃ)



1732年改築の社殿は隠岐最古で、通殿・拝殿とともに国指定重要文化財です。隠岐への航海中、遭難しかけた後鳥羽上皇が御神火で導かれたと伝えられ、海上守護神として信仰を集めています。参道(登山道)は神域として守られてきた多様な植物群が楽しめます。



【アクセス】
別府港より車で20分 駐車場より徒歩15分
駐車場:有
WC:有

【URL】
参考リンクはこちら


戻る

.