お松の碑




隠岐民謡「どっさり節」の起源とされる「お松」の碑。
昔、知夫里島の仁夫(にぶり)の漁師の家にお松という娘がいました。あるとき、この島に寄航した越後の船乗りと恋をし、その若者は、よく北国の追分節を歌って聞かせていた。 やがて、船出のときがきて若者は去り再びお松のもとへは帰ってこなかった。 お松は、聞き覚えた追分節を口ずさみながら、若者を偲ぶのが唯一の慰めとなった。 節まわしは、若者のものとはずいぶん違っており、島の人がそのことを注意すると、お松は「どっさりくっさり似てます」と言って寂びしそうに笑った。 「どっさりくっさり」とは隠岐の方言で「どうにかこうにか」よいう意味。 そこから付いた名前が「どっさり節」として、今でも隠岐民謡の代表として唄われている。


戻る

.