宝篋印塔(小倉宮教尊法親王の墓)



小倉宮教尊法親王は、南北朝最後の後亀山天皇の曽孫で今から500年余り前に隠岐に流されました。
33歳の若さで薨去(こうきょ)された親王は、我が墓は京都(東)に向かって建てるようにと言い残されました。松養寺境内の氏神より一段高い所に祀られているこの塔が親王の墓であると推定されています。

松養寺(参考リンクはこちら

【アクセス】
来居港より車で5分 松養寺内
駐車場:有


戻る

.